2021年石綿法改正 / アスベスト調査-検査専門機関|本庄分析センター

2021年石綿法改正
  • HOME »
  • 2021年石綿法改正

アスベスト法改正(2021年)の概要

  • アスベストに関する規制が厳しくなりました!

改正大気汚染防止法が令和3年4月1日に施行されました。

主な変更点(追加事項)は下記の通りです。

 

  1. 規制対象の拡大
改正前改正後

アスベスト規制対象 : 吹付材(レベル1)、断熱材・保温材・耐火被覆材(レベル2)

(追加)

アスベスト規制対象 : 吹付材(レベル1)、断熱材・保温材・耐火被覆材(レベル2)、成形板(レベル3)

全ての石綿含有建材が規制対象となります。

 

 

 

  1. アスベスト事前調査結果の「記録の作成」、「保存」、※1届け出(都道府県等)」が義務化 ※1 令和4年4月1日から適用
改正前改正後

・事前調査結果を発注者へ書面で説明

・事前調査結果を解体工事の場所に掲示

 

(追加)

・事前調査結果の記録の作成3年間の保存

・事前調査結果の報告を義務化(令和4年4月1日から適用)※2

 

今回の法改正で成形板(レベル3も規制対象に追加されます。
改正法の施行後は、全ての石綿含有建材に対して事前調査結果の「記録の作成」、「3年間の保存」、「報告(都道府県等)」が必要となります。

※2 事前調査結果の報告対象:「解体工事」の際は床面積合計が80m2以上、「改造・補修工事」の際は請負代金の合計が100万円以上。

 

 

  1. 直接罰の新設
改正前改正後

除去対象:吹付材(レベル1)、断熱材・保温材・耐火被覆材(レベル2)

・作業基準に違反した際は、適合命令や作業の一時停止命令が出される。

・上記の命令に違反した際は罰則

6月以下の懲役又は50万円以下の罰金

(追加)

除去対象:吹付材(レベル1)、断熱材・保温材・耐火被覆材(レベル2)

違法なアスベストの除去作業をした際は、3カ月以下の懲役または30万円以下の罰金(直接罰)が科せられる。

 

※詳細は環境省の『改正大気汚染防止法について』のページをご覧ください。

 

当社は、建築物石綿含有建材調査者石綿作業主任者環境計量士等の有資格者がアスベスト調査を行っております。

アスベストに関する幅広い経験、知識を有し、アスベスト含有調査から工事前・中・後のアスベスト濃度測定まで、一貫したサービスを提供しております。

 

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!

 

検査方法・料金はこちら

 

アスベスト補助金概要

■埼玉県

対象行為含有調査除去等
補助率10分の103分の2
補助限度額25万円/棟
かつ8万円/検体
600万円/棟
(1,000平方メートル未満の建築物は300万円/棟)
規模等制限上限下限なし・延べ面積1,000平方メートル以上の建築物
・定期報告の対象となる建築物(共同住宅、寄宿舎を除く)
対象(1)吹付けアスベスト
(2)吹付けロックウール
(3)吹付けパーライト
(4)吹付けバーミキュライト
※吹付け塗料は対象外
アスベストの含有(重量比0.1%超)が確認された下記の吹付け建材
(1)吹付けアスベスト
(2)吹付けロックウール
※吹付け塗料は対象外
資格要件・建築物石綿含有建材調査者
・作業環境測定機関 ※1
※1 かつJIS A1481-1等の仕様に適合する装置機器を備える機関
・建築物石綿含有建材調査者
対象区域以下の12市を除く埼玉県内すべての区域
12市:さいたま市、川越市、熊谷市、川口市、所沢市、春日部市、狭山市、上尾市、草加市、越谷市、新座市及び久喜市
制約・補助金の交付を受けるには事業の開始前(契約前)に事前の申請と交付決定(内容の承認)が必要。
・契約後の補助金の申請は受け付けられない。
PAGETOP
Copyright © 株式会社 本庄分析センター All Rights Reserved.